えん麦のちからはプラントベースホールドフードだった!?

最近、注目されているPBWH(プラントベースホールフード)。

 

最近、注目されているPBWH(プラントベースホールフード)
これは植物性食品を中心に食材をなるべく丸ごと食べようね、という食事法です。

 

私もこの頃は、あまり肉や卵など摂らなくなりました。かわりに、大豆をはじめとする豆製品をよく食べています。

 

さて、ここで気になるのは、えん麦の力。
えん麦の力は、はたしてPBWHなのかどうか?検証してみました。

 

でも、この記事を読んでいる方へ、もし、PBWHでなくてもがっかりしないでくださいね。えん麦の力が体にいいのは確かですから、読み物として聞いてください。

 

そして、ぜひPBWHの側面から見ても“えん麦の力”は素晴らしいということがわかったら、ぜひポチして購入してみてくださいね♪

 

 

えん麦の力の主成分は、えん麦を脱穀した外皮、つまり“ふすま”と言われている部分を食べやすく加工したグルテンフリー食品です。

 

ですので、プラントベースではあるけれどホールフードではありません、おしいですね。

 

なんだか、あっけなく答えが出ちゃいましたね♪

 

~だけどね~

 

えん麦の力ってそれでもスゴイ優秀な食品だから、ここからは宣伝させていただきますね~。

 

実は、えん麦は外皮がついたまま丸ごと食べる方がホールフードという考えによれば正しいのですが、外皮のついたままのえん麦をそのまま食べるのは、とても大変です。
第一に美味しくありません。いくら健康によくても美味しくないものは続けられません。

 

その点、えん麦の力は食べやすいように粉末になっていて、グラノーラに振りかけたり、牛乳にまぜたり、いろいろ食べ物と組み合わせて利用できます。
これは、お料理と同じことです。そうすることで、えん麦を丸々食べられないために足りない栄養素を補うことができるのです。

 

あなたは、えん麦の力でどうなりたいですか?
やせてキレイになりたい、健康を維持したい、いろいろな理由はあると思いますが、えん麦のちからなら、手軽に満腹感が得ることができて継続しやすいから、必ずあなたの目標に貢献してくれます。

 

毎日の寄り道するカフェでコーヒーを飲んだり、コンビニでついついお菓子を買ったりしていませんか?
そういう体にもお財布にもよくないお金を少し減らすだけで、えん麦のちからは手に入ります!!

 

ぜひお試しくださいね。

 

口コミはこちらです^^