えん麦のちからの原料オーツ麦の健康上のメリットとは?

 

「英国栄養学雑誌」別冊号でまとめられたオーツ麦の栄養効果の研究結果を参考にしてみると…

 

 

BMI低下と満腹感効果あり?

 

えん麦のちからを30日間試してみたわたしの口コミ

 

オーツ麦を継続して摂取することによりBMIが低くなることが疫学的エビデンスをもとに証明され、されにオーツ麦を食べることにより空腹感がへり満腹感が高まるのに役立つこともわかってきました。
ただし、オーツ麦ベースのシリアルではなく、オーツ麦そのものをオートミールとして食べることでβグルカンの効果により満腹感が高まるようです。

 

腸を元気にする働きあり?

 

えん麦のちからを30日間試してみたわたしの口コミ

 

まずβグルカン、これは水溶性食物繊維の一種で便の水分量とかさをふやし便秘を予防してくれるだけでなく食後の血糖値の上昇をおさえる働きがあります。

 

また難消化性でんぷんも含まれていて、腸内でビフィズス菌がえさとして食べ分解して酸を作りそれをまた他の菌が食べるというように好循環をつくられていきます。

 

他にもポリフェノール、アベナンスラミドが含まれていて腸の健康に効果があります。

 

このように、えん麦(オーツ麦)ふすまは腸疾患や便秘に効果があることがわかってきています。

 

 

心臓疾患に効果あり?

 

えん麦のちからを30日間試してみたわたしの口コミ

 

えん麦(オーツ麦)、えん麦(オーツ麦)ふすまには、総コレステロールを2~19%、LDC-Cを4~23%下げる効果があることがわかっています。高コレステロールの人ほど効果があり、オートミールを60g食べとコレステロールをかなり低下させることができるようです。こうしたことから冠状動脈性心臓病のリスクを下げることになります。

 

 

えん麦のちからを30日間試してみたわたしの口コミー
オーツ麦=えん麦で、
えん麦のちからえん麦ふすまを原料として1食分をスティック状にしたものです。
なので、オーツ麦と同様の効果があります。

 

えん麦のちからの口コミはこちら